日頃から服用しておける女性の強い味方として低用量ピルがあります。いざというときに服用しておいてよかったと思うこともあるでしょう。低用量ピルは通販で定期的に購入するのが一番お得です。低用量ピルには避妊以外にも使用用途があり、個人によって薬との相性もあるので、このサイトで解説を見て自分に合った低用量ピルを探してみましょう。

高い避妊効果を持つ低用量ピルのトリキュラー

現在日本では数多くの低用量ピルが流通していますが、その中でも特に人気と知名度が高いのがトリキュラーです。
トリキュラーは世界中で利用されている安全性の高い低用量ピルで、もちろん肝心の避妊効果についても高い有用性を発揮してくれます。

トリキュラーは21錠タイプと28錠タイプの2種類があり、どちらも正しく服用することで100%近い避妊効果を得ることができます。
服用方法も簡単で、毎日1錠を決まった時間に服用し続けましょう。
時間帯まで一定に保つのは、血中の成分濃度をできるだけ均一に維持するためです。
そうすることで効果がより確実に発揮されるため、起床後や就寝前など忘れにくい時間帯に服用することをお勧めします。

有効成分はレボノルゲストレルで、飲み初めから数えて21錠目までに配合されており、28錠タイプは残り7錠には何も成分が入っていません。
本来なら偽薬を服用する意味はないのですが、低用量ピルは毎日服用しないと高い避妊効果が得られないため、服用の習慣を続けるために1ヶ月分の28錠が用意されています。
新しい1ヶ月が始まった時に飲み忘れない自信がある人は、21錠タイプの方を服用しても構いません。

トリキュラーを服用すると、配合されている成分の影響で排卵が抑制されます。
同時に子宮内膜が厚く成長するのを阻害する効果もあり、これらのメカニズムによって妊娠の可能性をほぼ確実に防ぐことが可能です。
21錠分を服用し終えたタイミングで体内のホルモンバランスが変化し、その後の7日間のうちに消退出血が始まります。
消退出血も生理とほぼ同じ意味で、子宮内膜が剥がれて体外へ排出されることに違いはありません。
自然な生理と区別するために、低用量ピルによって強制的に起こした出血が消退出血と呼ばれています。

非常に効果の高い安全な薬として知られているトリキュラーですが、それでも副作用のリスクはゼロではありません。
薬が体になれるまでは吐き気や不正出血などの副作用が起きやすいとされており、体質によっては利用を諦めざるを得ない人もいます。
どうしても副作用が気になるという場合は、トリキュラーの副作用を改善したヤーズという超低用量ピルを試してみると良いでしょう。

副作用を少なくしたヤーズ

トリキュラーは、服用すると一定の割合で吐き気やめまい、胸の張りや胃腸症状などの副作用が起こります。
軽度で済むケースがほとんどですが、中には症状が酷く、利用できない人もいます。
そんな場合に役立つのが、トリキュラーの改良版とも言えるヤーズというピルです。

ヤーズはレボノルゲストレルを配合したトリキュラーと比べ、副作用が少ない超低用量ピルとして知られています。
エチニルエストラジオールとドロスピレノンというホルモン成分を配合しており、主に月経前症候群の改善や生理痛の緩和を目的として利用されています。

基本的なメカニズムはトリキュラーと変わりないので、もちろん避妊効果を得ることも可能ですが、今のところ日本では避妊目的では処方されていません。
エチニルエストラジオールにはレボノルゲストレルほど確実な避妊効果がまだ確認されていないため、国内では明確に避妊効果があるとは約束されていません。
ただ、海外では避妊目的でも処方されているため、安心して利用できます。

ヤーズで黄体ホルモンとして利用されているエチニルエストラジオールは、トリキュラーで利用されているレボノルゲストレルと違って男性ホルモンを材料としていません。
このため、男性化作用と呼ばれるニキビや体重増加、食欲増進や性欲の増進などの副作用も軽減されています。

さらに、卵胞ホルモンであるドロスピレノンの配合量もトリキュラーより少なく、超低用量ピルと呼ばれているほどです。
もちろん配合量が少なくても正しいタイミングで利用すれば避妊効果には問題なく、卵胞ホルモンによって引き起こされていた副作用の発症リスクだけを下げることができるので理想的と言えます。
トリキュラーが体質に合わなかった人は、医師に相談してヤーズを利用してみると良いでしょう。