日頃から服用しておける女性の強い味方として低用量ピルがあります。いざというときに服用しておいてよかったと思うこともあるでしょう。低用量ピルは通販で定期的に購入するのが一番お得です。低用量ピルには避妊以外にも使用用途があり、個人によって薬との相性もあるので、このサイトで解説を見て自分に合った低用量ピルを探してみましょう。

低用量ピルの避妊以外の効果とは?

低用量ピルは避妊を目的として使用されることが多い薬剤ですが、低用量ピルを服用することで避妊以外にもいくつかのメリットがあります。

まず多くの人が悩んでいる生理痛に対して生理痛を緩和させるという作用があります。
生理痛はプロスタグランジンという物質が分泌されることで子宮が収縮する時に起こると考えられています。
またプロスタグランジンには痛みを強く感じさせる作用もあるために、より痛みを感じやすくなるという特徴があります。

低用量ピルを服用した時には排卵が抑制されることで子宮内膜が厚くならないため、子宮を収縮させる必要が少なくなりプロスタグランジンの分泌も少なくなります。
そのため子宮の収縮が少なくなり痛みが軽くなるという効果がでます。

それ以外では低用量ピルを服用している間は身体の中の女性ホルモンの量が一定に安定することで、ホルモンバランスの乱れが改善されます。
ホルモンバランスの乱れで生理不順があった人は、低用量ピルを服用することで生理不順が改善する可能性が期待できます。

生理中に通常の日常生活が送れないほどのひどい症状が起こることを月経困難症と言いますが、こういった症状はホルモンバランスの乱れで起こるものと、子宮などに病気があって起こるものがあります。
月経困難症を起こしている原因がホルモンバランスの乱れであった場合には低用量ピルを服用し、ホルモンバランスを整えることで、症状が改善するという効果がみられることがあります。

他に生理前にイライラしたり情緒不安定になってしまうPMSというものがありますが、これもホルモンバランスの乱れが元で起こると考えられています。
そのため、低用量ピルを服用し出して、ホルモンバランスが安定してくるとPMSの症状が軽減したという人が多くいます。
PMSは程度の差があるとはいえ、多くの人が悩んでいる症状です。
低用量ピルはホルモンバランスを安定させることでこういった様々な症状の改善に役立ちます。

ニキビや肌荒れとの関係

また一見関係がないように見えるニキビや肌荒れとも低用量ピルは大きな関わりを持っています。
実際に外国では肌荒れの治療に低用量ピルが用いられているところもあるほどです。

低用量ピルを服用することで全てのタイプのニキビや肌荒れに効果を出すわけではありませんが、ホルモンバランスの乱れが元になって起こっている症状には効果をあらわす可能性があります。
ホルモンバランスが乱れると皮膚の皮脂を調整する機能が悪くなることで、皮脂が過剰に出てしまいニキビがたくさんできてしまうことがあります。
生理前などホルモンバランスが崩れやすい時期にニキビができる人が多いのはそのためです。
しかし低用量ピルを服用していると、ホルモンバランスの乱れが起きにくいため、皮脂の分泌が正常に保たれてニキビができにくくなるという効果がでます。

低用量ピルにはエストロゲンという女性ホルモンが含まれていますが、エストロゲンは毛穴を引き締めて肌にうるおいを持たせる作用があることから美肌ホルモンと呼ばれているほど肌との関係が深いホルモンです。

エストロゲンの分泌が少なくなると、美肌成分が体の中で少なくなることで肌荒れが起きやすくなります。
低用量ピルを服用している期間は必要量のエストロゲンはピルから補充されるので、不足するという状態になりにくく肌の状態も安定すると考えられています。

さらに低用量ピルを服用している期間は排卵を抑制することで卵巣がんにかかるリスクを軽減できると言われています。
これは排卵が卵巣にとって大きなストレスになっているためで、排卵を行わないことで卵巣の安静が保たれて卵巣がんになりにくくなるという理由です。

低用量ピルの服用にはこのように避妊以外にもたくさんの効果が期待できます。