日頃から服用しておける女性の強い味方として低用量ピルがあります。いざというときに服用しておいてよかったと思うこともあるでしょう。低用量ピルは通販で定期的に購入するのが一番お得です。低用量ピルには避妊以外にも使用用途があり、個人によって薬との相性もあるので、このサイトで解説を見て自分に合った低用量ピルを探してみましょう。

一時的に生理をずらしたいなら中用量ピル

ピルと聞いてどんなイメージを持っていますか?薬で体をコントロールしようとするなんて不自然だ、使い方が難しそう、このような敬遠する意見が多かったのも事実です。
しかしそのような意見の原因は知識不足からくるものでもあります。
実際には飲み方は全く難しくはありませんし、女性の見方になる薬です。
しっかり知識を取り入れて使えば何も恐がる必要のない薬です。

ピルを飲むことを考える人はどんな人ですか?多くの人に知られているのが避妊です。
つまり望まない妊娠を避けるためです。
望まない妊娠は、女性の生活を一変させ大きな負担を負うことになる上、精神的にも大きなダメージを受けることになりかねません。
それを未然に防ぐことができるのは女性本人次第です。

妊娠しないように日頃から備えるためのピルが低用量ピルです。
低用量ピルは最も安全で安全な避妊法として取り入れられています。
その中でも世界的に有名で人気なのがトリキュラーです。
トリキュラーは安全性と避妊効果の高さから認められています。
長く広く多くの人に使われてきたという実績があるので安心して使うことができます。

低用量ピルは、女性ホルモンを取り入れることにより避妊効果を発揮させるもので、女性の体に重要な変化を起こすので日本の場合必ず処方が必要です。
面倒に思われるかもしれませんが、必ず医師の診察を受けるので安心だと言えます。

飲み方も簡単です。
毎日同じ時間に飲めばいいのです。
もし飲み忘れたとしても焦る必要はありません。
しっかり対処法が示されているのでそれに従えばいいだけです。

低用量ピルは生理が始まった思春期から使うことができます。
また健康でたばこを吸わない人の場合40代の方でも服用することができます。

ピルには他にも副効果がたくさんあります。
月経周期が規則的になります。
出血期間が短くなります。
月経前症候群や月経痛が軽くなります。
子宮体がん、卵巣がんのリスクが軽減します。
これは主作用ではありませんが良い効果です。

旅行ピルと呼ばれるピルがある

もし人生最大のイベント結婚式または受験と生理が重なると分かったら、そこまで大げさでなくても楽しみにしている旅行と生理がかぶるとしたら、それはもう一気にテンションが下がってしまいます。
他にも試験や運動会、出張などで生理が重なって嫌な思いをしたことのある女性は多いはずです。
生理とは、なんせ毎月おとずれるものなので大切な行事と重なってしまうのも当然と言えば当然です。
女性特有の悩みです。
でも、もし生理の日をずらすことができたら、自分の計画通り思いっきり楽しめると思いませんか?

生理日を早めるまたは遅くすることによって生理日程をずらす場合に使われるピルが中用量ピルです。
これは一時的に生理の日をコントロールさせることができます。

中用量ピルにも、女性ホルモンが原因で引き起こされるにきびや吹き出物の改善に効果がありますが多くの場合月経困難症、月経周期や月経量の異常を改善するため、また生理日を調整するために使われている薬です。

中用量ピルを用いて一時的に生理を早める場合生理の5日目くらいから中用量ピルを服用します。
遅くする場合は生理予定日の5日前くらいから服用します。

このピルも医師の処方が必要です。
医師としっかり相談しながら服用すれば生理をしっかりコントロールできます。

女性だって旅行は思う存分楽しみたいものです。
せっかく家族と、友達と、彼氏と楽しい旅行計画を立てたのに生理と重なって、憂鬱になったり痛みに耐えたりしなければいけないとしたら、これほど悲しいことはありません。
そんな時に助けてくれるのが中用量ピルなのです。
そこから旅行ピルと呼ばれることもあります。
この旅行ピルを最大限に活用して人生楽しみましょう。