日頃から服用しておける女性の強い味方として低用量ピルがあります。いざというときに服用しておいてよかったと思うこともあるでしょう。低用量ピルは通販で定期的に購入するのが一番お得です。低用量ピルには避妊以外にも使用用途があり、個人によって薬との相性もあるので、このサイトで解説を見て自分に合った低用量ピルを探してみましょう。

低用量ピルは世界中で利用されている効果や安全性の高い薬ですが、日本ではまだまだ普及しているとは言えません。
このため、低用量ピルが避妊に役立つということは知っているものの、具体的な効果や入手方法も分かりにくいものです。
服用するタイプの薬なので漠然とした不安を感じている人も多いですが、低用量ピルは正しく使えば非常に大きなメリットを与えてくれる頼れる存在です。
まずは、使用する前に基礎的な知識を身に着けて準備しておきましょう。

低用量ピルを定期的に使用するメリット

パートナーとの性行為は愛情を確かめるためにも必要不可欠なものですが、女性としてはどうしても妊娠の心配が付きまといます。
一般的な避妊方法を実践しても完全に妊娠を防げるわけではなく、男性任せになってしまうことも多いです。

そんな悩みを持つ女性にとって、非常に心強い避妊方法として低用量ピルを定期的に用いることが挙げられます。
低用量ピルは女性ホルモンと非常によく似た働きをする成分を配合した薬で、適切に服用すればほぼ100%の避妊効果を得ることができるものです。

女性の身体では、毎日卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の物質がバランスを保ちつつ分泌されています。
生理周期に合わせて分泌バランスが変化することで、脳は妊娠の不成立を悟って生理を引き起こします。
この女性ホルモンのバランスを人為的にコントロールすることで妊娠を予防するのが、低用量ピルの主な役割です。
女性が自分の意志で使用することができますし、非常に高い避妊効果を得られるというメリットがあります。

低用量ピルは、1回服用しただけでは意味がありません。
最低でも1ヶ月は定期的に服用を続ける必要があり、1日でも飲み忘れると避妊効果が不安定になってしまいます。
女性の身体は約1か月間の生理周期の中でホルモンバランスを変化させることで妊娠環境を整える特徴があるので、その中で1日だけ低用量ピルを服用しても効果を発揮することができません。

定期的に服用すると、低用量ピルに配合されている成分によって妊娠した状態と同じホルモンバランスになります。
そのため脳が妊娠したと誤解し、その月の排卵を止めてしまいます。
そもそも排卵が起きなければ妊娠はあり得ないので、性行為を行ったとしても妊娠する心配がありません。

同時に子宮内膜の肥大を防ぐ効果と、子宮頚管の粘液を変化させる効果も持っています。
子宮内膜は受精卵のベッドのようなもので、これが薄いままだと受精しても着床することができません。
このため、万が一排卵されてしまっても着床を防ぎ、避妊を成功させることが可能です。
さらに子宮頚管から分泌される粘液の粘度が高まるため、精子がなかなか子宮内に侵入できなくなります。

このように、低用量ピルを定期的に服用することで3つの効果が発揮され、妊娠を防ぐことが可能になります。
服用を何ヶ月も続けることで体も慣れ、違和感なく効果を得られるようになるので、一度服用を始めたならしばらく続けてみると良いでしょう。

病院処方か?通販か?

低用量ピルを使ってみたい場合は、基本的には病院で医師の診察を受け、処方箋を出してもらう必要があります。
初めて使用する人は特に使い方や注意点などを知っておく必要があるので、医師に相談することをお勧めします。
病院なら定期的に検査をしたり医師に体調を診てもらいながら低用量ピルを使用できるので、慣れるまではその方が安心でしょう。

ただ、病院の処方箋の場合はデメリットも多いです。
ピルの価格は病院が自由に決められるので価格帯がバラバラですし、診察するごとに病院代や交通費なども必要になります。
忙しい人はピルが無くなるタイミングで病院へ行けないこともありますし、まとめて処方してもらうこともできません。

こういったデメリットが不満な場合は、通販で購入するという方法もあります。
自分が使う目的でなら、医薬品の個人輸入も法律違反になりません。
忙しい人でも自分の都合の良い時間にインターネットから注文すれば良いだけですし、通販サイトによっては定期購入することも可能です。
定期購入を申し込んでおけば、毎月ピルが無くなる時期に自動的に前回注文したものが送付されてくるので、注文し忘れて避妊に失敗するリスクも防げます。

さらに、通販なら世界中で流通している低用量ピルを注文することができるので、日本では認可されていないジェネリック版の商品を購入することもできます。
ジェネリックでも有効成分は同じなので避妊効果は正しく得られますし、海外の有名製薬会社が製造しているジェネリックを選べば品質的にも不安がありません。
もちろんジェネリック以外の先発医薬品でも豊富なラインナップがあるので、自分の体質に合わせた低用量ピルを購入することができます。

通販では、病院処方と比べて非常に安い価格で購入することもできます。
病院処方だと1ヶ月分が約2,000円から3,000円ほどしますが、通販なら定期購入で1ヶ月分が約500円程度から購入可能です。
長期間使いたい場合は特にお得なので、経済的な面からもメリットが大きいと言えます。

このように様々なメリットのある通販ですが、その一方で偽物を販売している悪質なサイトに引っ掛かるリスクもあります。
国のチェックを受けた正規ルート以外での購入となるため、どうしてもリスクからは逃れられません。
少しでも偽物を避けるために、通販サイトの選び方などに注意しておくことが大切です。

ネット通販でだまされないために!

残念ながら、ネット通販には偽物を売りつけて利益を得ようとする悪質な通販サイトも数多く紛れ込んでいます。
低用量ピルは避妊目的で利用されるため、万が一偽物を服用してしまえば妊娠の可能性が高まります。
偽物の場合のリスクがあまりにも高いので、通販で低用量ピルを購入する場合はくれぐれも注意しておきましょう。

ネット通販で悪質なサイトに騙されないためには、まず悪質なサイトにありがちな特徴を知っておくことが大切です。
例えば、他の通販サイトに比べて異常に価格が安すぎたり、こちらの質問や問い合わせに対する反応が遅いことなどが挙げられます。
優良なサイトなら、企業としてこのようなことはあり得ません。

また、支払い方法にクレジットカードが利用可能かもチェックしましょう。
クレジットカードを利用するには、まずその通販サイトが信販会社から審査を受けます。
信販会社に信用取引を行っても問題ない企業だと判断されないと、クレジットカードの利用が認めてもらえません。
つまり、クレジットカードが使えない通販サイトは、信販会社が問題ありとして断った可能性があります。
銀行振り込みしか受け付けていないような通販サイトはかなり怪しいので、利用を避けましょう。

この他、企業としての運営期間がどれくらいあるか、利用者からの評判は良いかということをチェックするのも効果的です。
悪質なサイトは、偽物などのトラブルが増えてくると一度サイトを閉め、新たに運営を始めることを繰り返します。
逆に言えば、10年20年など長期間にわたって運営を続けているサイトの場合は、信頼できる実績を持つサイトなので安心です。

あまり数は多くありませんが、中にはサイトが自主的に販売している薬の成分分析を行い、分析結果をサイト上で公開していることもあります。
鑑定書をそのまま公開しているところもあれば、成分分析済みなどのマークを付けているところもあるなど様々ですが、それを行っているということは偽物の可能性も低くなります。
分析について一切触れていないサイトより、結果を公表しているサイトの方が信頼性が高いでしょう。

このように、偽物に騙されないためには様々なポイントを覚えておく必要があります。
いずれも見極め方の一つに過ぎませんが、知っているのといないのとでは大違いなので、通販サイト選びの際は忘れずにチェックしてみてください。

記事一覧

一時的に生理をずらしたいなら中用量ピル

ピルと聞いてどんなイメージを持っていますか?薬で体をコントロールしようとするなんて不自然だ、使い方が ...

普段の避妊は低用量ピル、ピンチの時はアフターピル

普段の避妊には低用量ピルを使い、ピンチの時にはアフターピルを使うようにすることが大切です。低用量ピル ...

高い避妊効果を持つ低用量ピルのトリキュラー

現在日本では数多くの低用量ピルが流通していますが、その中でも特に人気と知名度が高いのがトリキュラーで ...

低用量ピルの避妊以外の効果とは?

低用量ピルは避妊を目的として使用されることが多い薬剤ですが、低用量ピルを服用することで避妊以外にもい ...